カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
寒中お見舞い申し上げます


今年は喪中でありました。

近年、年賀状のみのお付き合いが多く、喪中の葉書を出してしまうと、途絶えてしまいそうなので、あえて送らず。
松の内が過ぎてから、年賀状を頂いた方に寒中見舞いを送りました。

今回、きちんと『寒中見舞い』について調べたところ・・・

1月1~7日松の内を過ぎてから立春の間

だそうです。
3が日には送らないことは知っていたが、『松の内』が過ぎてからというのは、今回初めて知った。
ある人が、年賀状代わりだといって、元日に『寒中見舞い』とメールを送ってきたが、送る時期が違ったね(ざんねーん)
年が明ける前に“来年もよろしく”で良かったのに(--;

事前に?喪中だと伝えた友人たちには、7日まで待てなかったので、『寒中見舞い』を使わず、今年もよろしくと送りました。仕事が始まったら、忘れそうだったという理由で、そうしたんだけど・・・年が明ける前に『来年もよろしく』の方が良かったかな~。

友人の間だから、細かいことは突っ込まず・・・と思いたいが、年齢的にもぼちぼちこういうところはきちんと押さえておくべきなのかなと、今回感じました。季節の挨拶は、本当に難しいなと思います。毎年、オケ関係で1通お手紙を書くけれど、いつも国語辞典を引いて、考えています。

するっと、季節の挨拶が使用できる大人になりたいなと感じた今日この頃でした。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1975-cf45bf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)