カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
ナチュラルラッパとマーラー
本番が終わり、元職場の上司の訃報が入ったり、仕事もどことなく落ち着かなかったりで、またまたお久しぶりの書き込みとなりました。昨日は、お休みをいただきましたが、やっぱり何かがあったらしく・・・はぁ。ごにょごにょ(謎)

ちょいと月曜日が重いな(--||

それはそれで、置いておき・・・ぁ、タイトルですが、この2日間を言葉で表わしたら、こうなった(爆)
土曜日は、アマチュアのナチュラルラッパ吹きたちの演奏会のお手伝い、日曜日は、アマチュア演奏家が中心に集まっている団体の演奏会へ、それぞれ行ってきました。

ナチュラルトランペットの演奏会は、今回、弦楽&オルガンが入り、昨年と一味違った形でした。お手伝いしつつも、暇な時は耳を傾け、昨年より聴いていたほうです。最近、古楽物のCDに手を出している私は、クラークの組曲が、一番印象に残りました。有名な『トランペット・ヴォランタリー』が入っている組曲で、この曲も良かったのですが、一番最初の曲も好きです。色々と表情が変わって、すごく作りが面白い。それぞれのソロもいい音色が出ていて、うっとり。
弦楽&オルガンも素敵過ぎ♪お互いのいいところを活かし合っているところが、良かったです。

そんな素敵な古楽の響きを堪能した後は、世界の山ちゃんへ。手羽先をがっつり食しました。

今日のマーラー10番。
プロの演奏家も混じっているとはいえ、クオリティ高し。
そして、昨日から一気に時代が飛ぶ。飛びすぎたかな(汗)
楽章の表情が、すごく豊かに感じた。細やかな動きが、何気にかわいらしい。重い、暗いと言ったイメージが強かっただけに、余計にそう感じたかもしれぬ。各楽器のソロも多かった。随所で、ホルンが出てくるのが、一番印象に残っている。後は、ラッパの延ばしとか、チューバのソロとか、どこでたたいているのか分からなかった太鼓の音等。

この週末はこんな感じで、音楽三昧でした。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1948-3908c87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)