カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
ヴォジーシェクを聴いてきました
今日は、うちのオケメンバーも在籍し、知人も多く乗っているオケの演奏会へ行ってきました。

私の流れは・・・チラシの挟み込み→リハ見学→お昼ご飯後、本番を聴く

曲目は、ハイドン交響曲第10番、モーツァルト交響曲第38番「プラハ」、ヴォジーシェク交響曲第2番
ハイドンの若い番号の交響曲は、貴族の気分になる(笑)。そんなに数聞いているわけではないですが、編成が小さい分、そんな雰囲気が出るのかな。ファゴットがコンバスの近くに配置され、中低音部隊ががっつり固まっていた。

モーツァルトは、この辺りの番号になると、重厚感みたいなものが出てくるなぁと。丁度、今度の演奏会で26番をやるけれど、厚みがある(26番が軽いというわけではないが、厚さの加減が、違うなぁと)。

後半、メインのヴォジーシェク
こちらは、やった経験あり。私が今のオケに入り最初のメインがこの曲でした。ちなみに、この時は、アリアーガ曲タイトル忘れたと、フィガロの結婚の序曲もやりましたね。
当時、古典音楽なーんてほとんど触れたことのなかった私。この曲、この演奏会がきっかけで、ずるずると・・・まさか、古楽器に手を出すなんて、想像もしていなかった時だったことも思い出しました。やった時は、へぇ~と思いましたが、こうして改めて聴くと、いい曲だったんだなと。
チェロのソロも素敵でしたが、それ以外にも魅力は沢山。3楽章は、管楽器活躍するしね(フルートの部分、うちの指揮者は、黄泉の国だったかの境界線をうろうろしている感じとか言っていなかったっけ)。

ラッパは、4楽章の後半、結構きついんです。さすが、きちんと吹いていましたが・・・あっしは、最後のラソファミだっけかな、出なかった>_<(あの曲1st吹いていた)

まとまりもよく、ナチュラルとの馴染み方も、さすが。今月本番だし、初ナチュラルの私にとっては、よい勉強をさせてもらいました。というか、今まで、真剣にそんな視点で聴いていなかったということか?そんなわけではないんだけど、まぁ、やっている時とやってなかった時の差ですかね ̄▽ ̄;

最後の方は、ちょっとだけ眠たかった(ぉぃ)。帰宅後もぼーっと。連休中ぼーっとしすぎたかな。
連休最終日は、こんな休日を過ごしたのでした。

オケの皆様、演奏会お疲れ様でしたー♪
この記事に対するコメント

ちらしの挟み込みありがとうございます!お疲れ様です!
【2013/05/07 19:19】 URL | kujimiya #NkOZRVVI [ 編集]


kujimiya様
いいえ~。仕事ですから ̄▽ ̄;
コメントありがとう。
【2013/05/08 21:39】 URL | なぎ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1784-8ba59138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)