カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
エルグレコ展
久々に、美術鑑賞。
たまには絵も観に行かないとね。

平日なのに、少々人は多め。休日はずして正解だったかな。この頃の作品は、ほとんどが、宗教がらみ。でも、ちょっとびっくりしたのが、聖母マリアの母を描くという点。あまり聞いたことがない視点で描いていたんですね。メインでポスターにも使用されている絵の中心にいる女性は、マリアの母。

てっきり、聖母マリアかと思ってしまっていた(汗)
(知らなかったもので・・・(--;)

振り返るとエルグレコ自体、ほとんど名前だけって感じでした。色々な画家が、混じって展示されると、どんな作風だったっけ、となることが多いかもしれぬ。そう考えるとピンポイントでやってもらえると、わかりやすいかもしれないですね。

人の肌、布といった質感が、すごくリアルでした。
マグダラのマリアの絵が、一番印象に残ってますかね。彼女の純粋な心というか、そのような物が描かれている印象を受けました。

この展示のメインに挙げてある絵は、三幅対の構想があったようですね。祭壇に飾られる絵のためだったのか、一枚の絵を仕上げるという感覚ではなかったのだろうなぁと。そうやって観ると、また違った印象を受けます。
その想像をすると、なんとなく楽しくなる。この時代ならではの、楽しみ方かもしれないです。

じっくり観れて、かなり満足。次は、ラファエロ展だな。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1745-aae0fdd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)