カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
職場の旅行会
日は、ちょいと経ってしまったが、写真も撮って来たので、レポートあげます。

DSCF2096.jpg


雪は、積もっていてもハトは普通に歩いているのね。

今回は、そんな雪国へ行ってきたのでした。
朝8時過ぎの新幹線に乗り、米沢へ。

10時半頃に到着し、上杉神社、酒造の東光へ行ってきました。
上杉神社にお参りをして、上杉城史苑で、お土産を見て回る。その間に、雪をさわって感激する。あんなにさらさらした雪は触ったことがない!感激していたら、「せっかくなんで、ダイブとかしちゃいます?」と言われましたが・・・そこは遠慮しました(後で、やっておけば良かったと思ったのは内緒)

お昼まで時間があるので、酒造の東光も回ることに。旅行会社が連絡してくれているだろうと思って入ったら・・・へ???予約されていない?幹事4人で、?マークがいっぱいつきました。持っていたお金で27名分の入場券を購入し、各所にあったボタンを押しつつ、館内を見学することに。お酒のことだけではなく、数年前に兼続を取りあげた影響で、兼続の足跡や、上杉家の家系図などがあり、ちょっとした歴史資料館ぽいところも味わうことが出来ました。また、米沢牛が有名になったことも説明があり、お酒以外にも楽しめました。
C・H・ダラスさんという方が、米沢の牛肉を食べて、おいしいとお土産に横浜へ持ち帰ったことで、格があがったようです。

お酒の試飲はしなかったものの、甘酒を頂き温まりました。

そして、この日のメインである米沢牛のランチ~♪
フルコースで頂きました~♪どれもおいしく、写真はその一部。

DSCF2102.jpg

パイ包みは、大きかったのですが・・・中は、ちょこっとビーフシチュー。肉はさすがに米沢牛だった。

20130112011218814.jpg

こちらは、メイン。私は、これに会うために、雪国来たのT_T
どの料理も本当においしくて、皆さま大変満足されていました。

米沢駅周辺を後にして、高畠ワイナリーへ。
こちらは、工場の方々が、親切にして下さり、さくっと工場を見学して、後はお買い物。どちらかといえばこっちの方がメインだった。飲酒されない方向けにノンアルコールのものも取り揃えてあり、こんなうたい文句まであった↓

DSCF2109.jpg

しっかりお買い物を満喫し、旅館へ。旅館に挨拶、二次会用のつまみ買い出し、お風呂などしていたら、あっという間に宴会の時間。特にカラオケ等もせず、適当に回って、お話していました。二次会は、部屋を一室占領。山手線ゲームをして、罰ゲームにお酒をぐいっとのみ、ネコ耳つけるというささやかに。ネコ耳は、ここで活躍しました。22時半頃お開きになり、それからお風呂・・・と思っていたら、カラオケへ行くことに。ドタバタと準備して、眠いのに>_<と、仕方なく1時間お付き合い。旅館に戻ってから少しでも・・とお風呂に入りに行きました。寝たのは1時を回っていた。

朝は、なかなか起きれず、それでも無理やりお風呂へ。
7時45分からの朝食には間に合い、旅館恒例のお餅つき大会を見学。

DSCF2165.jpg

もち米は、この旅館のご主人が作ったもの。素材が違うのは、めちゃめちゃなめらかなおもちでした。お餅を練ったり、ついたりするのは、お客様も参加できるようになっているので、たのしいです。また、立派なうすを2つじっくり見せてもらい、旅館に対する想い、おもてなしの心を感じた時間でもありました。個人的にうすの手入れ方法も説明を受けてしまい、向き合う心みたいなものは、ただただ感心するばかり。すごいなぁの一言でしたね。

旅館の清算時に、またちょっとトラブルがありましたが、おかみさんの親切な対応でなんとか乗り切り、数名を赤湯に残して、バスで移動。米沢駅で大半の人が降り、5人で2箇所観光。

DSCF2177.jpg

DSCF2179.jpg

雪に埋もれた、上杉御廟所と、受付の裏にあった資料館。各代のお墓があるのですが、慶山公以外は、雪かきがしておらず、1箇所足跡があるので試そうと思ったのですが、あまりの雪の深さに断念。人が本当にいないんだけど・・・って、そりゃ、こんだけ雪があったら来てもね~って感じですね。
そして、資料館なのですが・・・こちら、冬の間は締まっていまして、受付のおじさんに駄目もとで話してみたら、鍵を渡され、中を見せてもらうことに成功(してしまった(汗)。中は、御廟所についての資料や建て替えをしているので、その木材等が保管されていました。上杉家は、米沢藩に移ったのは、江戸に入ってから。だから初代は、景勝なんですよね。なので、謙信公は、『家祖』という位置づけになっているようです。上杉の前は、確か伊達。伊達と言えば仙台なんですが、新しい方が印象強くなるし、ものもこうして残るんですね。
自分たちで鍵を開けて入るという行動が、なんだかおかしかった。でも、いいものを見せてもらえたので、このおじさんに感謝です。

その後、上杉城史苑内にある、博物館を見学。そんなに観る物はありませんが・・・でも、じっくり観てしまうものですね。洛中洛外図の屏風て、確か織田信長が上杉謙信に贈ったと言われている屏風だったよね~と、やっぱり兼続@大河ドラマを思い出す(贈ったと言われているが、実際そうだったかは定かではないらしい)。

DSCF2183.jpg

時間気にせずじっくり観たいと思ったが、電車の時間の関係で、さくっと終了。他の方は、しっかり観ていたけどね。

最後の写真は、2日目の上杉神社付近。うーん、雪がきれいすぎる。人型作って、何処かのプロフィール写真に使いたい(待て)・・・そんなことを思いながら、こちらを後にするのでした。

13時台の新幹線で帰る方を見送り、14時台組は、駅前のラーメン屋さんで昼食。ラーメンは普通だったが、ここの主人がすごい面白かった。私たちのラーメンを出した後、「自分の昼はこれ」と出してきたのは、なんとチキンラーメン@_@
その後、お客さんが2人入ってきて、2階に案内し、そのご主人も2階へ。しばらく降りてこず(ぇ)。多分、上は上でやっていたんだろうけど、1階に誰もいないってめちゃ用心悪いし。

降りてきて、少しお店の主人とお話して、店を出ました。

旅行会社の手続きは、めちゃくちゃだったけれど、現地の方々の優しい対応と、面白いネタの提供に、楽しい旅行会となりました。こんなに面白ネタがある旅行もそうないだろうな。いやぁ、面白かった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1730-237e875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)