カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
終わりよければすべて良し!
発表会の感想をちょこっと

前日の練習に出れない為、先週の自主練習に参加。最後まで粘ってやったかいがあったのか、リハの時、いい具合に力が抜けて、通すことができた(自主練習の時、あちこちつまづいたのが嘘のよう)。先生からは、1箇所、音程の注意を受けただけ。自分でアレンジを加えたところも、なかなかいい感じにはまったので、本番で6,7割できればいいかなぁ~と思い、リハは終了。

迎えた本番では、こそこそと、グループレッスンに参加させてもらっているメンバーさんのソロを撮影。最初フラッシュがついてびっくりしたが、うまく切り替えて、1枚ずつ撮影した。

自分の出番は6番目。何気にいい順番であった。曲は、ヘンデルの『私を泣かせてください』。先生にソロ曲のレッスンを受けたのは、1回だけ。その時に、トリルなどのアレンジについてアドバイスを受ける。後は、自分でユーチューブで探して、色々と聴いて研究。歌物なので、歌はもちろん、バイオリンのものなども聴いた。最終的に森麻季さんの歌が気に入り、それを聴きながら、譜面を見てアレンジを考えた。多分、緊張してしまうだろうから、“出来る範囲”が2箇所ほどだと判断した。
本番は、後半が、危なく、最後の辺りは、ちょこっとぶっ飛ばす(爆)後で、対策考えておけばよかったと思った。でも、気をつけなければならない音は、そこそこ大丈夫だったので○。最後の音程もまぁまぁ。アレンジしたところも、それなりに・・・良かったのではないかと感じた。こうしてソロで吹くのは、初めてだったので、その割には、できた方かな ̄▽ ̄;

ま、それなりに修羅場はくぐっているもんなーー;

アンサンブルは、なんとなく落ち着いて出来たかな。
ソロとの違いを改めて感じた。

終了後は、昼食会。お話も沢山聞いたし、話したし、写真も撮って、すごーく楽しい時間だった。
帰りに今年始めたという方に話しかけてみた。私の音の感想を聞かされ、ちょいびっくり。落ちついて考えてみれば、要求されていることは、随分と差があるのは当然か。

さらなる高みを目指して??日々修行ですかね ̄▽ ̄;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1534-be361d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)