カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
豊穣のバッハ
NEC_0480.jpg

みなとみらいの小ホールに行ってきました。
1ヶ月ほど前に来た時に挟み込まれていたチラシを見て、行ってみようかと・・・(汗)

『ナチュラルトランペット』という単語に変に反応するようになった今日の頃。昔、トランペットってどんな楽器だったのかなと、だんだん興味が沸いてきて、ちょっとこういうところにのぞきに行くようになったわけですよ。吹奏楽とオケとでは違うけれど、オケだけのくくりの中でも、大きく違うのね。某ウキベティアによれは、全く違う楽器に変化してしまったとか・・・だから、音色も響きもモダン楽器とピリオド楽器では違う。ということを最近、分かってきた感じです ̄▽ ̄||

今日は、バッハのカンタータ2曲と管弦楽組曲第1番、ブランデンブルク協奏曲でした。ナチュラルが出てきたのは、後半の2曲。それぞれ1人ずつ出られて、演奏されていました。コンサート・ソムリエの朝岡さんの間の話も分かりやすく(そして、ちょっと面白くもあり)、楽しめました。後半は、トランペットを単独で取り上げてくれたので、ちょっとうれしかった。まだまだ初心者だからさ ̄▽ ̄;
(この時の話が、斉藤秀範氏で、ちょっと≧▽≦きゃ!と思ったのは内緒。わりと線の細めの演奏者って珍しい気が・・・先生が○ケメンな人と話していたし、そうだと思ってついうんうんと話していたしね(待て)

協奏曲の方は、斉藤秀範氏、カンタータ51番の方は、神代修氏でした。お二人とも、穴のある方を使用されていました。それでも、協奏曲の方は、大変そうな感じがしたのは、私だけ?。なーんか、神代氏は、余裕な雰囲気が・・・それとも、人柄?出番の無い時が、人が出ていた気がした(いい意味で自由人な感じが・・・)。後ろの方からだし、「こんな楽器なんだ~」というド素人視線なんで、なんとなくのそういう雰囲気だった、、、ということで。専門的なことは、ヨクワカリマセン ̄▽ ̄||

朝岡さんのリコーダーもなかなか素敵でした。
そんなことが出来るなら、『題名のない~』の司会やらない?元テレ朝のアナウンサーだったんだし・・・と、ちょっと思ってしまったり(笑)

休憩と終演後、お知り合いに軽く?ご挨拶。16時過ぎていた上に、台所等、ほーちして出たところもあり、ふらりとエレベーターへ。下の弟の誕生日が近いので乗換駅でケーキを買い帰宅。金曜に来た上の弟が、洗い物をやってくれていてちょっと助かったけれど、母が帰宅するまでの間、バタバタと用事をしていた。

明日は、1ヶ月ぶりのtutti。気負わず、リラックスして、吹くことに努めましょ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamane.blog5.fc2.com/tb.php/1521-a4dffd63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)