カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なぎ

  • Author:なぎ
  • 職業:数年ぶりに転職。に次ぐ転職で、また派遣
    趣味:ライヴへ行くこと・芸術鑑賞・創作・トランペットを吹くこと
    ※パソコンのアドレス"/"の後に"?m"を加えると携帯で閲覧可能です

最近の記事

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最近の一言

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ
茶会へようこそ~
気の向くままに書いています ̄▽ ̄
モーツァルト交響曲全集
指揮:Mackerras(マッケラス)
Prague Chamber Orchestra(プラハ室内管弦楽団らしい)

選曲の候補に、モーツァルトの交響曲第9番があがっていたので、探して辿り着いたのが、こちらの指揮&演奏のモーツァルト交響曲全集。10枚組で47番まである。

第9番を聴いてみたが、お貴族方の音楽って感じだった。
これが、小編成ながら、ラッパと太鼓が入っているというので、なかなか面白い。
やるかどうかは、まだ未定。やるとちょっと楽しそう。

せっかく買ったので、全部聴いてみるか。

バッハのカンタータ
BCJ以外で買ってみようと思って、ガーディナー版を購入してみた。

Cantatas 22Cantatas 22
(2007/02/22)
Daniel Taylor、 他

商品詳細を見る


カンタータの31番が収録されている。
すごい早いし、強弱の変化が、かなりあり。一瞬別の曲かと思った。この手の聴き比べは初めて。面白かった。

バッハ:管弦楽組曲(全4曲)バッハ:管弦楽組曲(全4曲)
(2011/07/20)
ジョン・エリオット・ガーディナー

商品詳細を見る


復習のために購入。でも何故か、BCJ版ではない(汗)

まだ、全部聴いたわけではないので・・・買った話だけ(ぉぃ
後は・・・よくよく聴いてみます。はぅ。。

これらの物が、かなり勉強になることが、なんとなくわかってきたり。スコア見ると、更に色々と見えてくる。スコアもネットで検索かければ、ある程度は、引っ張ってこれるもんね。便利な世の中になったものだ。

別に吹くわけではないが、そうやって聴くことが楽しくなってきたりしている今日この頃でした。

英雄の参考音源
前回のベト1に続き、今回も色々と聴いてみた。

その1:アーノンクール(ベートーヴェン交響曲全曲集なので、すでに購入済み)
その2:バーンスタイン(作曲者としては、ご縁があるけれど、指揮者としては個人的に馴染み無し・・・ウエストサイド~のメドレーを吹奏楽でやったので・・・音の作りが全く違ったため、1回聴いておわり)
その3:アバド(太鼓連打の時、タイコの人がアーノンクールとアバドを焼いてくれて、それ以降、ちと気に入っている指揮者)
その4:OLC(オーケストラ・リベラ・クラシカ。そういえば、これ生で聴いた)
その5:ガーディナー(Facebookに書き込みしたら、某兄さんに勧められた)
その6:インバル(なんとなく・・・)
その7:ブリュッヘン(2011年に18世紀オーケストラでベートーヴェン交響曲全曲集録音というものを見つけて、思わず買った。4月に来るそうですね ̄▽ ̄;)

CDはここまで。
生では、マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団(?)を昨年11月に聴いてきた。

こんなに聴いてどうするんだろうという感じですが、聴き比べるのも勉強の一つかと。インバルさんは、1楽章の終わりが、音が上がるパターン。そっちではないバージョンでやっているせいもあるのか、やっぱり違和感ありですね。主旋律を吹いた後、連打の音の部分が低いので、つながりが悪い気がしました。

話を聴いただけで、吹くのと、聴いておいて、なるほどと思って吹くのとでは、多分違うかと思って、色々買ってみたのでした。
聴き比べは、楽しいです。でも、どんどんCDが山積みになってくる>_<
どーにかせねんば・・・。
英雄の音源
帰りにタワレコへ。

前に、バースタインの英雄を買ってみたのだが、あまりにも、音の作りがアーノンクールと違いすぎてちょっと挫折。いいんだけど、参考にするにはちょっとかも?と。ネタもそんなにないので、某所につぶやいてみたところ、某お兄さんから、OLC(リベラ・クラシカ)の情報と、ガーディナー版を薦められた。
OLCは、7月に発売されるので、ガーディナー版を買いに行ってきました。

『made in the E.U.』と書いてあるので、海外版?5枚組のCDです。
後は、アバド指揮を見つけました↓

ベートーヴェン:交響曲第3番、第4番ベートーヴェン:交響曲第3番、第4番
(2011/05/11)
アバド(クラウディオ)

商品詳細を見る


ベト1の時も買って、今回も買おうと思っていた。最初は、これで管カラかな。

こんな風に、買っていくものだから、本当に置き場がなくなってきた ̄▽ ̄||
譜読み、曲練習、リズム練習、音階、そして、検定勉強の他に、部屋の片づけが、これからの課題ですね。トホホ

買っちゃった
Cantatas Volume 48Cantatas Volume 48
(2011/04/12)
J.S. Bach

商品詳細を見る


あちきが、BCJの演奏会に初体験した時のもの
この時のラッパの音が忘れられない

べーとーべんの1番
ベートーヴェン:交響曲第1番、第2番ベートーヴェン:交響曲第1番、第2番
(2009/08/19)
ブリュッヘン(フランス)

商品詳細を見る


以前、中高時代の先輩Oと、オケの話になった時「○○(←どの曲かは忘れた)だけでも、4,5枚持っているよ」と言っていました。その頃は、まさか自分がこんな行動に出るとは思わず、へぇ~と聞いているだけ。オケに入り、古典物の難易度が上がるにつれて、このままではと思い、今回は、自分でどう吹こうか、もう少し考えようと、新たに1枚追加。ベートーベン先生は、たくさん出回っているから、買いやすい(笑)。だから、出回っているからこそ、それなりに考えないといけないかと思った。

これを選んだのは、昨年アーノンクールへ行った時に買ったパンフレットに『ピリオド奏法』を取り入れているところと紹介に入っていたから。この辺り、まだまだ勉強せねばならないあっしには、とってもありがたいページだった ̄▽ ̄;

印象は、こんなに違いって出るもんなんだと感じた。3楽章が特に印象に残ったかな~

かんそーは、これだけってところで(待て)

さてと、吹いてくるか。コソ練×2